薄毛治療とミノキシジル


薄毛対策に効果のあるミノキシジル。このミノキシジルってどういう効果があるのかをご説明します。

ミノキシジルは元々、口径血圧降下剤として使われていました。血管を拡張する作用をもったミノキシジルは、全身の体毛を濃くする作用があります。

その作用は髪の毛にも効果があり、結果として薄毛治療に使われるようになり、「リアップ」や「ロゲイン」などの発毛剤の成分として商品化されています。

現在では世界中の何十万という人がミノキシジルを使用しています。日本では1999年まで、ミノキシジルを含んだ育毛剤発毛剤は発売されず、多くの方が個人輸入という形でロゲインを使用していました。

ミノキシジルは初期脱毛に効果があるのですが、壮年性脱毛症と言われる薄毛・脱毛にのみ有効です。薄毛を発見したらなるべく早めのうちに使用することをおすすめしますが、脱毛の理由がわからない方は、ミノキシジルを使用する前に、医師や薬剤師に相談してください。

しかし、ミノキシジルによって髪が生えてきても、ミノキシジルの使用を中止すれば、それまでに生えてきた髪の毛は抜けてしまいます。使用中止後数ヶ月で一気に脱毛が進行したという例もあります。

つまり、一度ミノキシジルの使用を開始したら継続しなければなりません。面倒だからという理由で止めてしまうと、元に戻ってしまいますので注意しなければなりません。

リアップやロゲインなどを発売している製薬会社は、この点を使用者に対して、あまり説明をしていません。その結果誤った知識でミノキシジルが使用され、発毛どころか逆効果を招く恐れがありますので、注意が必要です。

あくまでも薬ですので、効果に関しては、個人差があります。副作用がでた場合は、早急に医師に相談しましょう。以上 薄毛治療とミノキシジルに関してお届けしました。
| 薄毛

薄毛対策とコラーゲン


コラーゲンって聞くとなにを想像しますか?私は美容効果やふかひれ(笑)とかを
連想します。実は、コラーゲンは、髪の健康にも深い関係があります。

頭皮の柔軟性がなくなると髪は抜けやすくなる、という話は聞いた事がある方も多いと思います。では、なぜ、頭皮の柔軟性が低下するのかという疑問については、知っている方は少ないかと思われます。

この頭皮の柔軟性に大いに影響を及ぼしているもの、それがかの有名なコラーゲンなのです。

毛髪は、頭皮から上に出ている毛幹部と、頭皮から下の毛根部に分かれています。毛根は毛包と呼ばれる鞘状の筒に包まれ、毛穴の中にスッポリと納まっています。

毛根の根となるふくらんだ部分が毛球で、その先端が毛乳頭です。ここは髪を作り出す毛母細胞や、髪を黒くする働きのあるメラニン細胞などが集まっている場所となります。

さて毛髪は、皮膚の最も表面にある表皮の次の、内側の層である真皮に根を下ろしていますが、この真皮の70%はコラーゲンでできているのです。

毛根の成長に必要な栄養は、毛細血管の壁からコラーゲン層を通って、毛乳頭に吸収されます。ところが、真皮コラーゲンの新陳代謝が低下すると、十分な栄養が毛髪へ届かなくなり毛髪がどんどん細くなります。

頭皮のコラーゲンが不足すると、それは髪の成長そのものが妨げられ、髪は抜けやすく生え替わりにくくなり、薄毛になります。アメリカで毎日14gのコラーゲンを2ヶ月間飲むという実験が行われ、その結果髪の太さが10%太くなったという研究結果があります。コラーゲンの補給は、薄毛対策のひとつの方法だと言えますね。

ちなみにコラーゲンを多く含む食材は、

・ゼラチン
・フカヒレ
・牛すじ
・鳥皮
・うなぎ
・マシュマロ

などがあります。ご参考にしてみてください。
| 日記

M字の薄毛対策


薄毛のタイプで、O型とかM型って聞いたことありますか?実は、薄毛のタイプには、M型とO型の薄毛があります。

M型の薄毛は、その形から由来しており、頭頂部から薄毛が始まり、
額の生え際やつむじが序所に後退し、M字型になる状態です。

前頂部の一部に髪が残ることも多く、薄毛でお悩みの日本人男性のほとんどが、このM字型の薄毛です。

男性型脱毛症は、毛髪サイクルの中の成長期が短くなるために、短く細い毛髪が多くなり、全体的に薄毛が目立つようになってしまうものです。

成長期が短くなる原因は、男性ホルモン(テストステロン)が5α-還元酵素によってDHT(ジヒドロテストロステロン)に変化し、毛根部にある毛包を萎縮させるためと考えられています。

また、困ったことに、M型の薄毛は、育毛剤による薄毛対策では、効果が現れにくいと言われており、発毛の対策も難しいと言われています。

M型の薄毛の原因として考えられることは、前頭部に毛包を萎縮させてしまうホルモンの影響が、強く現れるためだとされています。

薄毛、抜け毛は遺伝するかと言う話を、よく聞くことがあると思いますが、たしかに遺伝しますが100パーセント、遺伝によるものではないと言うことを、理解しておくことが重要です。

遺伝と言う意味での具体的な現象としては、父親が薄毛で、本人にも脱毛症が進んだ場合に、その「型」「パターン」が似たものになるケースが多いようです。

薄毛が気になりだしたら、まずは生活習慣から改善しましょう。髪の毛や頭皮をシャンプーして清潔に保ち、頭皮のマッサージなどで、血行を促すことも良いと思います。

栄養不足、睡眠不足、喫煙などにも気をつけ、ストレスや不規則な生活を解消するのも、薄毛対策のひとつです。

特に食生活で、糖度の高いお菓子や脂っこい食事などは、頭部の隅々まで栄養がいきわたらなくなり、毛根から発毛する力がなくなります。また、刺激のある食品(塩辛いもの、スパイシーなもの)は髪にはよくないといわれていますので、注意しましょう。

また、深刻でない場合は、ヘアサロンなどで、積極的にプロの意見・技を取り入れれば、薄毛のめだたない髪形になれます。これを機会にイメージチェンジするのもよいかと思います。

以上 M字型の薄毛対策についてでした。
タグ:薄毛 M字
| 薄毛

薄毛の治療方法(プロペシア)


このページは、薄毛でお悩みの方に必見の薄毛の治療方法についてご案内いたします。
薄毛治療も開発が進み、色々な方法があります。従来からあるカツラや育毛剤などが有名ですが、今回は、薄毛治療の服用薬として効果があるプロペシアについて調べましたので、ご参考にしていただけたらと思います!

薄毛とは、髪の毛の量が減ることでなく、髪が生え代わるたびに毛が細くなり、その結果として、髪の毛のボリュームが少なくなってしまう状態のことです。

薄毛の原因には、男性ホルモンに影響を受けるAGA(男性型脱毛症)の進行により抜け毛が増え、その結果、薄毛になってしまう場合や、自己免疫異常によって起こる円形脱毛症、ストレスによる抜毛症など、薄毛になる原因は、さまざまな原因があるといわれています。

薄毛治療法も新規開発が進み、選択肢が増えています。これまで薄毛で悩んでいる方の多くは市販されている「発毛剤」や「育毛剤」「育毛トニック」などを使用されていたと思います。

しかし、2005年12月14日に発売された、国内初の飲むAGA(男性型脱毛症)治療薬「プロペシア」の発売に伴い、「医療機関での薄毛治療」が可能となりました。

AGA治療薬として使われる育毛剤のプロペシアは、国内で初めて厚生労働省に承認された、男性型の抜け毛症、AGAの薬です。

プロペシアは、もともとは前立腺肥大症の治療薬として、開発された薬でしたが、AGA治療に対して効果があるということで、今では世界60カ国以上で使用されています。プロペシアは、飲む育毛剤と言われており、服用が簡単なのも人気の理由でしす。

プロペシアは、一般名ではフィナステリドとも言われています。ただし、入手するためには、医師の診断と処方箋が、必要となる育毛剤です。これからの薄毛の治療は、医療機関で相談しながら治療する人が増えてくるでしょう。

以上 薄毛治療方法についてでしたが、いかがでしたか?プロペシアは、体質など個人差があるかと思いますが、ご興味がありましたら、医療機関に相談してみるとよいかと思います。次回は、M字の薄毛対策についてご案内していきたいと思います。ご期待ください!
| 薄毛

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。