薄毛の治療方法(プロペシア)


このページは、薄毛でお悩みの方に必見の薄毛の治療方法についてご案内いたします。
薄毛治療も開発が進み、色々な方法があります。従来からあるカツラや育毛剤などが有名ですが、今回は、薄毛治療の服用薬として効果があるプロペシアについて調べましたので、ご参考にしていただけたらと思います!

薄毛とは、髪の毛の量が減ることでなく、髪が生え代わるたびに毛が細くなり、その結果として、髪の毛のボリュームが少なくなってしまう状態のことです。

薄毛の原因には、男性ホルモンに影響を受けるAGA(男性型脱毛症)の進行により抜け毛が増え、その結果、薄毛になってしまう場合や、自己免疫異常によって起こる円形脱毛症、ストレスによる抜毛症など、薄毛になる原因は、さまざまな原因があるといわれています。

薄毛治療法も新規開発が進み、選択肢が増えています。これまで薄毛で悩んでいる方の多くは市販されている「発毛剤」や「育毛剤」「育毛トニック」などを使用されていたと思います。

しかし、2005年12月14日に発売された、国内初の飲むAGA(男性型脱毛症)治療薬「プロペシア」の発売に伴い、「医療機関での薄毛治療」が可能となりました。

AGA治療薬として使われる育毛剤のプロペシアは、国内で初めて厚生労働省に承認された、男性型の抜け毛症、AGAの薬です。

プロペシアは、もともとは前立腺肥大症の治療薬として、開発された薬でしたが、AGA治療に対して効果があるということで、今では世界60カ国以上で使用されています。プロペシアは、飲む育毛剤と言われており、服用が簡単なのも人気の理由でしす。

プロペシアは、一般名ではフィナステリドとも言われています。ただし、入手するためには、医師の診断と処方箋が、必要となる育毛剤です。これからの薄毛の治療は、医療機関で相談しながら治療する人が増えてくるでしょう。

以上 薄毛治療方法についてでしたが、いかがでしたか?プロペシアは、体質など個人差があるかと思いますが、ご興味がありましたら、医療機関に相談してみるとよいかと思います。次回は、M字の薄毛対策についてご案内していきたいと思います。ご期待ください!
| 薄毛
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。